石王丸公認会計士事務所

石王丸公認会計士事務所

会計情報 > 会計テキスト

当事務所オリジナルのテキストを掲載しています。

わかりやすい! セグメント情報開示の仕組み 
【その③】関連情報の開示

セグメント情報は、マネジメントアプローチに基づいているため、企業間の比較が難しいケースもあり得ます。これを補完するための、マネジメントアプローチ枠外の情報が関連情報です。
報告セグメントが一つしかなく、単一セグメントとして開示している場合であっても、関連情報は開示する必要があります。
セグメント情報の中で同様の情報が開示されている場合を除き、次の事項をセグメント情報の関連情報として開示します。

(1) 製品及びサービスに関する情報

製品・サービス区分ごとの外部顧客への売上高を開示します。
損益計算書の売上高の10%以上のものを区分して開示します。(単一の製品・サービス区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%超である場合は、その旨を開示し、開示を省略できます。)
開示することが実務上困難な場合には、その旨及びその理由を開示します。

(2) 地域に関する情報
①国内の外部顧客への売上高に分類した額と海外の外部顧客への売上高に分類した額

海外の外部顧客への売上高に分類した額のうち、単一の国の外部顧客への売上高に分類した額が、損益計算書の売上高の10%以上である場合、これを主要な国として区分して開示します。
(国内の外部顧客への売上高に分類した額が損益計算書の売上高の90%超である場合には、その旨を開示し、開示を省略できます。)

②国内に所在している有形固定資産の額と海外に所在している有形固定資産の額

海外に所在している有形固定資産の額のうち、単一の国に所在する有形固定資産の額が、貸借対照表の有形固定資産の額の10%以上である場合、これを区分して開示します。
(国内に所在している有形固定資産の額が貸借対照表の有形固定資産の額の90%超である場合には、その旨を開示し、開示を省略することができます。)

上記を開示することが実務上困難な場合には、その旨及びその理由を開示します。

(3) 主要な顧客に関する情報

単一の外部顧客への売上高が、損益計算書の売上高の10%以上である場合、その旨、当該顧客の名称又は氏名、当該顧客への売上高及び当該顧客との取引に関連する主な報告セグメントの名称を開示します。


わかりやすい! セグメント情報開示の仕組み【その④】 へ
わかりやすい! セグメント情報開示の仕組み の目次へ戻る

ページのトップへ戻る