石王丸公認会計士事務所

石王丸公認会計士事務所

セミナーのご案内

㈱プロネクサスにて、セミナー「決算開示書類作成時・点検時のチェックポイント」の講師を務めます。プログラムはこちら
企業研究会にて、セミナー「新任担当者のための「連結会計の基礎知識」」の講師を務めます。プログラムはこちら
企業研究会にて、セミナー「経営効率化で不況を乗り越える! ”ROIC”活用法」の講師を務めます。プログラムはこちら
企業研究会にて、Webセミナー「分配可能額計算の入門」を配信中です。プログラムはこちら


決算開示書類作成時・点検時のチェックポイント


【開催日時】
2022/2/1(火)~2022/3/4(金)視聴期間内にいつでも視聴可能(Webセミナー)

【概要】
決算書の作成時に発生するミスの大半は、入力ミス等のつまらないミスです。
ところが、そうしたミスの発見が遅れると、誤った決算書を開示してしまうという致命的なミスにつながります。
本セミナーでは、そうしたミスを防止ないしは早期発見する方法を紹介し、開示実務の事故防止とともに実務担当者の事務負担軽減を目指します。
経理実務担当者、その方たちを管理監督する方々のご参加をお待ちしております。

【対象】
・上場会社(日本基準)で決算書(連結・個別)原稿作成に携わっている経理経験 2~5 年目くらいの若手経理実務担当者
・上記の方たちを管理・監督されている上司・先輩の方 など

【プログラム】
1.最近の株主総会招集通知訂正事例の紹介
・どんなミスか?
・どうすれば気づくことができたか?
2.ミス防止・発見の5つのアプローチ
3.決算書作成時のミス防止・発見法の概要
・発生防止と波及防止
・各方法の長所と短所
4.ミス防止・発見の具体策 20(事例解説)
・前期データの再利用は最低限にする
・数字の表記単位を千円から百万円に変更する
・注記を可能な限り省略ないし簡略化する
・最終稿で必ず計算チェックする
・罫線の妥当性も確認 他
5.書類間クロスチェックのポイント解説
・「B/S⇔注記」間のクロスチェック
・「B/S⇔附属明細書」間のクロスチェック
・「連結P/L⇔個別 P/L」間のクロスチェック 他
6.「会計上の見積り」の注記の単純ミス等留意点
7.ダブルチェックはミス防止に効果があるか?
8.間違えやすい数字の並び
9.計算書類の初稿(第 1 ドラフト)は捨てずにとっておく
10.会社法計算書類の表示ミスの頻出事例
・間違えやすいところを重点的にチェック

本セミナーのお申込・お問合せ先:㈱プロネクサス


新任担当者のための「連結会計の基礎知識」
【開催日時】
2022年2月28日(木)14:00~17:00

【会場】
企業研究会セミナールーム(御徒町駅より徒歩5分)での会場受講
Zoomによるオンライン受講 から選択

【概要】
このセミナーでは、仕訳の知識は一切必要ありません。連結会計を勉強したい方で、仕訳の知識がネックになっている方を想定して、プログラムを考案しました。
「連結決算とは何か?」「どのように作成されるのか?」について基礎から理解できます。

【対象】
上場会社経理部の新任担当者、連結子会社の経理担当者の方
経理担当部署以外の部署の管理職、役員候補の方

【プログラム】
Ⅰ:連結とは?
 ・セブン&アイ・ホールディングスの連結決算と個別決算の違い
 ・連結決算が求められる背景は?
 ・連結子会社のセブン銀行も連結を作っているのはなぜ?
 ・子会社があれば連結作成は必須か?
 ・連結決算書として作成すべき書類にはどんなものがあるか
 ・ハンバーガーを2つ買ってきて、二段重ねバーガーを作るとわかる「連結の仕組み」

Ⅱ:連結手続における「消去」では、一体何を消すのか?
 ・連結手続きの中心は「内部取引の消去」
 ・「連結精算表」のキホン構造を理解する

Ⅲ:具体的な連結手続を図解と簡易精算表で学ぶ(仕訳は出てきません!)
 ・親子間の売買取引と債権債務を消去する理由
 ・棚卸資産の未実現利益とはどういうものか
 ・投資と資本を消去して「親会社資本金=連結資本金」にする
 ・セブン&アイグループで非支配株主とは誰のことか?
 ・「非支配株主に帰属する当期純利益」とは何のことか
 ・子会社から親会社への配当は、配当であって配当でない
 ・カンタンな設例で「のれん」を求めてみる
 ・関連会社と持分法の初歩

Ⅳ:セグメント情報とは何か?
 ・セグメント情報が必要な理由
 ・セグメント情報の利用法
 ・セグメント売上高はどうやって集計されるか

本セミナーのお申込・お問合せ先:一般社団法人 企業研究会


経営効率化で不況を乗り越える! ”ROIC”活用法
【開催日時】
2022年2月24日(木)14:00~17:00

【会場】
企業研究会セミナールーム(御徒町駅より徒歩5分)での会場受講
Zoomによるオンライン受講 から選択

【概要】
“ROIC(投下資本利益率)”は、企業が事業のために投下した資金を使って、どれだけ効率的に利益を生み出したかを表す指標です。
このROICを経営効率化のための指標として活用する企業が増加しています。
ROICを利用すると、経営の非効率な部分を洗い出して集中的に改善することができます。また、ROICを各部門にとってわかりやすい具体的な目標に変換することで、経営効率を重視した仕組みを構築することができます。
本セミナーでは、ROICについて基礎から説明したうえで、ROICの活用法について事例や具体例もまじえてわかりやすく解説します。

【対象】
経営企画部門、管理部門、財務部門、経理部門のご担当者

【プログラム】
1.ROIC(投下資本利益率)とは?
①経営の「効率化」とは?
②資本コストとは?
③ROICとは?
・ROICの求め方
・ROA・ROEとは何が違う?

2.ROICを指標として非効率を集中的に改善しましょう
①ROICを活用して非効率を洗い出す
②事業ポートフォリオを適切に管理する
③非事業資産の処分を検討する

3.ROICを目標として効率重視の仕組みを作りましょう
①中長期的な目標を設定する
②ROICツリーに展開する
③各部門にとってわかりやすい目標に変換する
④効率重視を社内に浸透させる

本セミナーのお申込・お問合せ先:一般社団法人 企業研究会


分配可能額計算の入門
【Webセミナー配信期間】
2020年11月10日(火)より(視聴ページにログインしていただいてから21日間視聴可能・約3時間)

【概要】
コロナによる業績悪化で剰余金が大きく減少した会社では、配当や自社株買い時の法定上限額(分配可能額)が低くなっているものと思われます。その結果、この上限額を超えて配当等を実施してしまう可能性が高まるため、それを防ぐべく、分配可能額の計算を解説いたします。

【対象】
経理部門、総務部門、経営管理部門、内部監査部門のご担当者

【プログラム】
はじめに
・分配可能額超過ミスの最近の発生状況
・ミス発生時の関与者処分の実態

1.まず、基本事項を確認します
(1)分配可能額とは何か?
(2)なぜ財源規制(分配可能額)が必要か?
(3)株主への分配は配当だけか?
(4)自社株買いはすべて財源規制の対象か?
(5)そもそもどこに定められているルールか?
(6)連結と個別、どちらで計算するのか?
(7)いつの時点で計算するのか?(分配時基準)
(8)原資は純資産項目のうちどれか?
(9)その他剰余金とは何か?

2.カンタンな設例で計算方法をマスター
(1)「剰余金の額=分配可能額」のケース
(2)その他有価証券評価差額金があるケース
(3)自己株式があるケース
(4)期末日後に自己株式売却・取得があるケース
(5)のれん及び繰延資産があるケース(速算法)
(6)剰余金の配当があるケース
(7)準備金の取り崩しがあるケース
(8)連結配当規制とは?

3.分配可能額超過ミスの防止対策
(1)分配可能額超過ミスの傾向分析
(2)ミスの原因は3パターンある
(3)財源規制自体が知られていない
(4)単純な事務ミス
(5)誰かがチェックしているはずという思い込み
(6)会計監査で分配可能額をチェックしているのか?
(7)パターン別の防止対策
(8)在宅勤務常態化で懸念される事項

本セミナーのお申込・お問合せ先:一般社団法人 企業研究会



◆◆ 会計を、もっとわかりやすく、もっと実践的に ◆◆

石王丸公認会計士事務所では、会計・財務・経理・経営分析などをテーマに、 企業実務に役立つ内容をわかりやすくお伝えするセミナー・研修の講師業務を行っています。
知識の詰め込みではなく、企業実務に役立つわかりやすいセミナーを個別にご提案します。
収益認識会計基準のセミナーにも対応いたします。

【セミナー実績一覧】

日時開催先テーマ
2021.12.13企業研究会内部監査・管理担当者向け『KAMと減損会計』コンパクトマスター講座
2021.10.19企業研究会経営効率化で不況を乗り越える! "ROIC (投下資本利益率)"活用法
2021.9.1企業研究会決算書の作成ミスを防止・発見する具体策20
2021.06.30企業研究会仕訳を一切使わずにポイントを攻略!新任担当者のための「連結会計の基礎知識」
2021.06.15企業研究会まわりと差がつく「キャッシュ・フロー思考力」速習講座
2021.04.20企業研究会分かりやすい!誰でも会社の姿をあぶり出せる「経営分析の正しい手順」
2021.02.08企業研究会決算書の作成ミスを防止・発見する具体策20
2021.02.02企業研究会経営管理の現場で実践できる「キャッシュ・フロー思考力」
2021.01.26プロネクサス決算開示書類作成時・点検時のチェックポイント
2020.12.14プロネクサス分配可能額計算実践入門
2020.11.2企業研究会分配可能額計算の入門
2020.10.7企業研究会わかりやすい!誰でも会社の姿をあぶり出せる経営分析の正しい手順
2020.2.18みずほセミナー決算書類の作成ミスを防止・発見する20の具体策
2020.1.28プロネクサス決算開示書類作成時の不注意なミスを防止・発見する20の方法
2019.11.12企業研究会決算書の作成ミスを防止・発見する20の方法
 会社法計算書類一式を使ったクロスチェックのポイント解説付き
2019.8.9企業研究会誰でも会社の姿をあぶり出せる「経営分析の正しい手順」
 ~収益認識会計基準の影響も解説~
2019.2.26みずほセミナー決算書作成時のミス事例から学ぶ、
経理の「うっかりミス」の防ぎ方・見つけ方
2019.2.15プロネクサス計算書類原稿作成者のための『うっかりミス』防止法
2018.8.28プロネクサス計算書類原稿作成者のための『うっかりミス』防止法
2018.8.9企業研究会誰でも会社の姿をあぶり出せる「経営分析の正しい手順」
 ~収益認識会計基準適用後の留意点も解説~
2018.3.26企業研究会会社法計算書類を作成している経理担当者のための
 計算書類原稿作成時の「うっかりミス」防止・発見法
2018.2.8みずほセミナー会社法計算書類作成時のミス事例から学ぶ、
 経理の「うっかりミス」の防ぎ方・見つけ方
2017.8.9企業研究会誰でも会社の姿をあぶり出せる「経営分析の鉄則」
2017.3.27企業研究会計算書類原稿作成時の「うっかりミス」防止・発見法
2017.2.15みずほセミナー経理の「うっかりミス」の防ぎ方・見つけ方
2016.2.12みずほセミナー経理担当者のための「うっかりミス」の防ぎ方・見つけ方
2014.9.18金融財務研究会決算効率化に役立つ「重要性」判断のための基準値算定方法
2014.2.20金融財務研究会会社法計算書類のスピードチェック
2013.12.10金融財務研究会計算書類作成時のうっかりミスを減らす具体策
2013.8.9金融財務研究会計算書類作成時のうっかりミスを減らす具体策
2012.11.26みずほセミナー経理担当者のための「うっかりミス」の原因分析と防ぎ方
***決算書類作成に関するセミナーをご受講いただいた方の声を一部紹介します***
・非常に良かったです。実行していきたいと思います。ありがとうございました。
・例えやアプローチがとてもわかりやすかった。
・業務全般に使える内容だったと思いました。
・自分のミスの仕方にあてはまるものを発見することができたので、適した対応策を実行してみようと思いました。



セミナー・研修に関するご相談・お問い合わせはこちらへ。

ページのトップへ戻る