監査報告書

会計情報
押印廃止…哀しきハンコたち

他の様々な書類と同様、従来、監査報告書には、公認会計士又は監査法人の代表者が「自署し、かつ、自己の印を押さなければならない」ものとされていました(改正前・公認会計士法施行規則第69条など)。 この「押印」が、令和3年9月 […]

続きを読む
会計情報
『その他の記載内容』はどこか?

2020年11月に監査基準の改訂が行われました。改訂により、2022年3月決算に係る財務諸表の監査から、監査報告書に新しい区分が設けられます。 新しい区分は…、その名も『その他の記載内容』です!! ??? 何を指すのかわ […]

続きを読む
会計情報
『脱ハンコ』の波紋はどこまで?

『脱ハンコ』論が世間をにぎわせています。 重要な書類にハンコはつきものですが、ご多分にもれず監査報告書でもハンコが用いられており、監査人は監査報告書に自署してハンコを押すことになっています。 公認会計士法では、「監査法人 […]

続きを読む